FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
絵本読んできました
2008 / 10 / 25 ( Sat )
昨日とうってかわって、秋晴れの土曜日。紀伊国屋本店
2Fギャラリーで開かれている異文化絵本展に行ってきま
した。東海大学の乾淑子さんが集めたアジア、アフリカ、
アイヌ、南太平洋などの欧米以外の蔵書が400冊程展示
されています。今は20才をだいぶ過ぎたお子さんに絵本
を見せようとしたとき、その絵本の世界に欧米以外の目
線がない事に気がつき集めはじめたと話されました。
ほんとにそう。私も今から20年程前当時絵本が1000
冊以上揃っていると言われていた東京の「クレヨンハウス」
に、期待いっぱいで行きました。探しましたじゅっくりと時
間をかけて。でもやっぱりなかった。その時から比べると今
はもうすこし出版されてきていますが、いい原語の本がもっ
ともっと翻訳紹介されたらいいなと願っています。ちなみに私
は「青がえる」「蚊とうし」「ソリエチュソク イヤギ」の3冊を
読みました。そうそう乾さんが言っていましたが展示会をす
ると、絶版になった希少本が不明になることがあるそうです。
ビックリしました。展示は30日まで開催しています。図書館
でもない企画です。是非おでかけを。
スポンサーサイト
16:51:39 | 韓国の絵本 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
9月の絵本
2008 / 09 / 16 ( Tue )
お待たせしました。9月は秋夕(チュソク)です。
「ソリエ チュソク イヤギ・そりちゃんのチュソク」
絵と文イ オクベ 訳みせ けい ハングル・日本語版
チュソクは旧暦8月15日にあたりお正月と並ぶ大きな
行事、この期間ほとんどのお店が休みになり田舎に帰
る道は大渋滞です。そりちゃんとオンマ(かあさん)はき
れいなチマ・チョゴリをきて、アッパ(とうさん)は両手に
いっぱいお土産を持ち田舎のハルモニ(おばあちゃん)の
家を目指します。「ハルモニー」やっとついたハルモニの家
では親戚中が集まりとてもにぎやか。祖先にチャリェ(茶礼)
をささげ、やまの中のお墓にお参りします。そうして楽しく
遊んだらもう帰る日です。チュソクの心弾むようすがカラフルあ
な色使いとなつかしい絵柄で描かれています。
我が家も、チュソクにはチャリェの食べ物があふれていたけれ
ど、子供心に食べたかったのは十五夜饅頭でした。
16:22:45 | 韓国の絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今月のおすすめ絵本7・8月~1
2008 / 08 / 11 ( Mon )
強調文四季の絵本・ヨルム(夏)ハングル版
「シムシメソ クレッソ」(たいくつだったので)
クル(文)ユン クビョン ・ クリム(絵)イ テス
内容~オンマ(母さん)とアッパ(父さん)は草刈に行ってます。
トリ(男の子)と子犬のポクシリは退屈していました。裏庭に行き
「一緒にあそぼうよー」といってトッキジャン(ウサギ小屋)、タック
ジャン(トリ小屋)、ッテージウリ(ぶた小屋)、ウエヤン(牛小屋)
の戸を開けヨムソ(ヤギ)の綱まではずしてしまいました。家畜た
ちはこの時とばかりおもいおもいの方向に走っていきます。あわ
てたトリとポクシリはーーー。
韓国の田舎の風景の中でトリとポクシルが過ごす夏の一日は
日本で読むわたし達にも懐かしさを感じさせる一冊です。
16:06:28 | 韓国の絵本 | トラックバック(1) | コメント(15) | page top↑
今月のおすすめ絵本7月・8月
2008 / 07 / 29 ( Tue )
毎月紹介しようとおもっていたのですが6月も紹介できず
今月も残り2日。来月分とあわせて紹介します。なんと
5冊です。最初は
ハングル版 四季の絵本夏 「シムシメソ クレッソ
(たいくつだったから)文ユン クビョン 絵イ テス
18:39:42 | 韓国の絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今月のおすすめ絵本
2008 / 05 / 09 ( Fri )
よじはん よじはん」 ぶん ユン ソクチュン え イ ヨンギョン
やく かみや にじ 世界傑作絵本シリーズ福音館書店(日本語版)
村にたった一軒ある雑貨やさんには時計があります。ちいさな女の
子がオンマ(かあさん)にたのまれ時間をききにきました。にわとりを
みて、ありにとんぼにはなばたけ、たくさんより道をしてやっとおうちに
かえってきました。さてさて女の子はオンマになん時というのでしょうか。

女の子と風景がとてもやさしくなつかしい絵です。そして村で一軒の雑
貨やさんの様子とそこのおじさん、最後のオンマとこどもたちが過ごす
時間のながれが大切にいとおしくおもえる素朴な絵本です。
夏ごろまでにはハングル版入荷予定です。
11:54:11 | 韓国の絵本 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。